上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ちょっと用があったので、実家へ帰ったら
出迎えてくれて煩いくらいに付きまとってくれたりゅーちゃん。

で、「よしよし。かわゆいのう。」と
お気に入りのご飯(カリカリ)をあげたら
ふんふんっと匂いを嗅いでからゆっくりと食べ始めました。

で、満足したらそれからはもうツレなくて。。。。

私:「りゅーちゃーん」


私:「りゅーちゃん♪」


私:「かわいいりゅーちゃ~ん(>▽<)」


私「りゅーのすっけくん☆」←しつこいw


私「りゅーーーーちゃぁあーんヽ( ̄▽ ̄)/」←かなりしつこいw

おっ!こっち向いてくれるかな♪
んん?!なんか出てるんですけど。。。。

私「りゅーちゃん。それなあに?」

ぷぷっ(;⌒▽⌒)σぶっさいくな顔~~。はい一枚いただきました。

ごめんごめん、キレイキレイしてる最中やったんやね。
私「りゅーちゃんはいっつもシルクのような手触りで綺麗やねー」


りゅー「ふん。今のちゃんと聞こえとったで。絶対顔上げたらへんもんね」
とでもいうような変顔なりゅーちゃんが(≧σ≦)

そして隠れるように去っていきました。やーん。

それでもママンはいつでも愛してるよー(o ̄∇ ̄o)
スポンサーサイト
2008.10.05 
親が昨日から台湾へ旅行に行ってしまった為
りゅうちゃんは実家で一人寂しくお留守番。。。

なので、私がお世話係になり通ってます。

先月だったかな、予防注射で獣医さんを訪れた時
言われてショックだったこと。

獣医:「この子ももう6歳やからシニアの仲間入りやね」

な、なんと!
あの乳飲み子だったりゅうちゃんが、
私の後ろをびーびー鳴きながらおいかけてきたりゅうちゃんが、
もうおっさん(失礼w)の仲間入りですか。
はへー(◎日◎)

人と猫の成長時間が違うのはわかっていましたが
なんといっても可愛いわが子はいつまでも小さい子のままで。

食事もシニア用にしてくださいと言われた時は
なんだかぼーっとしちゃいましたよ。


最近は母曰く、食事の好みも変わってきたとか。
これも年のせいなのかしら???


で、親に言われた通り好物の缶詰とカリカリをあげて
トイレの掃除をして
あとはりゅうちゃんと一緒に寝転んで
午後をまったりと過ごしてます。


関節がないのかしらと思ってしまう丸まったりゅうちゃん。

ベッドのへりを枕にして御休み中zzz


こちらは、足マッサージャーに脹脛を乗せて寝そべった
私の太ももに乗ったりゅうちゃん。

ブラブラ揺れてる足に乗って気持ちいいのか
マッサージを終えるまでずっと乗っかってました^^

相変わらず、かわゆいのう。
シニアの仲間入りしても、ずーっと健康で長生きしてね。
その為のお手伝いなら、喜んでするからね~(^o^)/
2008.09.04 
りゅうちゃんはよくしゃべります。
例えば、母と電話していると「にゃ~」と始めは小さな声が聞こえ、段々と大きくなり最後は「ふんっがっ」という鼻息とともに「ニャ~こら」と大音響でしゃべります。

固定電話の場合、電話機に飛び乗って受話器に顔を近づけるので時々「ぷー」と回線が切れちゃうこともあります。

・・・・・わざとやってるの?りゅうちゃん。

携帯の場合、膝に乗って自分も参加しようとするので必ず座って話すことが大切なルール。

が、本当のとこは除け者にされるのがイヤで関心を全て自分に向けたいのだと思います。

だから、撫で撫でしてあげるとすこーしだけ、大人しくなる(ような)気がします。

かわゆいのう。



あと、運動会と称している(りゅうちゃんが一人でぐるんぐるん走り回る状態)暴れん坊の時も「うんにゃー▲@*□◎#」とよくわからない擬音を発しながら遊んでいます。

よいよい、煩いくらい元気なのが一番だからね。

皆が食卓で食べたり飲んだりしていると、イジケてトイレのドアを開けて一人(一匹)暗ーいとこで淋しそうに「みゃ~・・・」と鳴いたり(笑)

その時は何をおいても必ず迎えに行ってあげなくてならない。
なぜでしょう?

A:もっとイジケるから(笑)


猫の鼻あたりがぷくっとなっているのが好きでよく親指と人差し指で輪っかを作ってそこにがぽっと嵌めます。

ほら、ここです。

これこれ。あーもうたまらない(≧▽≦)




ってやってると睨まれちゃった。。。


ごめんね安眠妨害して( ̄ω ̄;)
これ、左前足でカメラを「えいっ」と押さえられてます。


どうでもいいけど、りゅうちゃんは左利きね♪
玉木さんも左利き♪
2008.01.11 
実家にそらちゃんという猫がいました。


... READ MORE
2007.11.07 
実家へちょこっと顔を出し、猫とご対面
「りゅうのすけ」という名前なので「りゅうちゃん」と呼んでいます。この子はとっても賢い。ええ、親ばかですから。ドアの引き、押し、スライド全てを把握し自由自在に開けて移動する。ね、賢いでしょ。でも、できたら閉めてくれるともっと有難いよ、りゅうちゃん。
ピンポンを鳴らすと必ず玄関で迎えてくれる。そしてしばらくナデナデすると満足したのか付近の絨毯で爪とぎをする。やーめーてー!
知らんぷりだよ、この子は。(前の右足は折り畳んで隠しているが足元は全部白ソックスです)好奇心旺盛だからか、誰が来ても警戒心ゼロで、玄関まで猛ダッシュなんだけどね。
帰る時には敏感に察知して「ほなな!」と挨拶までしてくれる、可愛い子。いつまでもそのまま元気でいてね。でも、私たちがダイニングでお茶飲んだりご飯食べると必ず拗ねて走り回り最後はトイレに篭るのはいい加減やめようね。ご飯もおやつもあげてるでしょ。

今朝の空。段々日の出が遅くなりましたね。冬はすぐそこかな。


2007.11.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。