上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
先週末に「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」を観てきました。
わが母は「ごくせん」以来のマツジュンファンでして。

詳細は書きませんが(これからご覧になる方の為にね)

観た人たちの中で感想が分かれているらしいですが
私たち母娘には、なかなか楽しめた時代劇でした。

マツジュンといえば、「花男」の道明寺役が私の中では
びったりばっきりしっくりとはまっているので
観る前は、正直イメージ崩れちゃうんじゃないかって
不安もあったんですが。。。

髭ぼーぼーで髪ぐしゃぐしゃのこきたないマツジュンは
したたかで野性味あふれていて、かなーり嵌り役という感じで
すぐに映画の世界に引き込まれました。

あとね、宮川大輔さんの演技がコミカルでいい味出てました。
芸達者な方だなぁと感心しました。

それから、ダースベーダーみたいな椎名さんは
徹底的に悪役なのに、オーラがあって格好良かったです。


黒澤明監督の方を見たことがないので
それが返って新鮮味が感じられてよかったのかもしれません。


エンドロールで「えっ?!あの人出てたの?どこに?」って
いろんな方がちょい役で出演されていたりして
それを見つけるのも一つの楽しみ方だと思いますので
この映画オススメですよ^^
(ちなみに母も私も見つけられなかったのは、「生瀬さん」
ご覧になって、分かったよーって方ぜひとも教えてください!)
スポンサーサイト
2008.05.22 
Secret

TrackBackURL
→http://subetenonekogasuki.blog119.fc2.com/tb.php/117-3334d061
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。