上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
さて、本日は昨日書きました通り
「実に面白いw」の方の映画を観てきました。

・・・・・・・すごかった!
これが観終わった最初の感想です。

何がすごかったって、堤さんの演技!
もしかしたら近くにこんな人いるかもって思わせるような
風貌のくたびれたおっさんを(失礼)演じられていて
最後の号泣シーンにはぐっとくるものがありました。

この映画はタイトル通り
福山さんはめっちゃ脇役になっているところも面白かったです。

ドラマだと、最後の美味しいところを持っていっちゃう福山さんでしたが
映画では哀しさを漂わせるその姿に色気も加わって
相変わらず素晴らしい演技を見せてくれましたが

今回は、堤さんの勝利でしたね。

エンドロールで紫咲さんが歌う主題歌が
また涙を誘うこと!


こんな献身の形があっていいのだろうかと
深い深い執着と愛の境目ってどこだろうと
考えさせられた映画でした。

ただ、某方と違って泣けなかったんですよぉ。
友人と二人して

「私らに足りひんもんは何やろか?」

と語りながらの帰り道でした(笑)


とにかくこの映画オススメです!!
(回し者じゃありませんよーw)
スポンサーサイト
2008.10.20 
Secret

TrackBackURL
→http://subetenonekogasuki.blog119.fc2.com/tb.php/211-dd81598b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。