上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
世の、らぶらぶかぽーたちは14日いつも以上に
らぶらぶな夜を過ごされたのでしょうね。

我が家?

我が家は、いたって普通に家ごはんを食べました。

唯一普段と違ったのは
その後にケーキを頂いたくらいでございました。
(期待はずれですみません。って誰も期待してないって?)

といいますのも、本日(15日)とあるコンサートに行く事が決まって
いましたので、それがホワイトデーのお返しだったからなんです。

そのコンサートは、
”ジャナンドレア・ノセダ”氏指揮
BBCフィルハーモニック演奏
”ヒラリー・ハーン”共演

・ストラヴィンスキー:歌劇「妖精の口づけ」よりディヴェルティメント
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
・ベートーヴェン:交響曲第7番



”ヒラリー・ハーン”の演奏も楽しみでしたが、何より
ベートーヴェン交響曲第7番!!!(!多めでw)

この曲は、「のだめ」でコミックの初期から出てくる馴染み深い曲
そしてドラマでは、オープニングにも使用されていますし
途中と最後に、千秋が指揮するとっても深い縁のある曲ですので

それはもう、耳ダンボ(表現古すぎてすみません)になって
前のめりになりながら、演奏に聴き惚れた夜でした。


なんというか、私ごときが評するのもなんですが
彼の指揮する演奏は
とっても華やかで明るく優しいのですが、重厚感があって
歌いたくなるくらい素晴らしかったです!
(誰かもっと語彙を下さーい(T△T);)

当たり前ですが、CDとは違って
(演奏するオケや指揮者によっても変化するところが
クラシックの面白い魅力の一つですよね)
迫ってくるような音の迫力に圧倒されました。


素敵な夜をありがとう、夫。

「俺途中で寝るかも。。。」なんて言ってたけど
ちゃんと最後までしっかりと聴きいってました。(ほっ)

そして帰宅後、二人して指揮者のまねっこをして
遊んでしまいました。

夫は初めて見た指揮者の動きがおかしくて仕方が
なかった様子でした。

あんな激しい全身運動をしたら、私もこの冬蓄えた脂肪
燃えるかしら??
スポンサーサイト
2008.03.16 
Secret

TrackBackURL
→http://subetenonekogasuki.blog119.fc2.com/tb.php/91-fe4d0105
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。